メッキの剥がれ

カバンって修理できるんです

メッキの剥がれ

メッキの剥がれ カバンの中にはメッキのパーツを採用している商品があり、シルバー系やゴールド系などが多い傾向にあります。新品で購入をしたカバンであれば、一定期間は綺麗な輝きを保っているものですが5年、10年と月日が流れることにより、いつしか輝きを失ってしまうことは良くあることです。
単に輝きが均等に無くなっている場合は、全体的な風合いからすると問題は無いかもしれませんが、剥がれが起きている場合は見た目が悪くなってしまい、高級カバンであっても品格を失ってしまいます。この場合は専門にしている修理店に依頼をすることで新品時同様のコンディションにまで引き上げることができるので、メッキ化を可能にしている会社を探せば短期間で完璧に直すことは可能です。
修理店の中には加工技術に含んでいない場合も目立ちますが、このような専門店を利用する際には純正品と限りなく近いデザインやカラー、サイズの金具に交換する方法を推奨していることも目立つので、この機会にリフレッシュを行うことは十分に可能です。

プラスチックでできたカバンを修理する方法について

プラスチックでできたカバンを修理する方法について プラスチックでできたカバンは、トレンドである中身が見えてしまうクリアのタイプのものとなるため、多くの方がお気に入りで使っているものです。そのため、壊れてしまっていても長く使いたいと考える方もいらっしゃるでしょう。そう考えている方のために、プラスチックでできたカバンを修理する方法について今から説明していきます。
この素材でできているカバンは、耐久性や持続性などが低いためにすぐに壊れてしまうものが多いです。その結果、直さないと使えなくなってしまうものがありますが、直すことは簡単ではありません。なぜなら、普通のものよりも素材自体が接着することが難しいものだからです。このものを修復する方法として、専用のテープやボンドが売られています。そのテープやボンドを買っていただき、壊れた部分に直接使用していただくことで修復することが可能になります。これらのものは接着するまでに少し時間が必要なため、慌てずに作業を進めることが重要になってきます。

新着情報

◎2021/3/4

メッキの剥がれ
の情報を更新しました。

◎2021/1/15

サイト公開しました

「カバン メッキ」
に関連するツイート
Twitter

返信先:いきなり失礼します。刻印は本物に近いですね。 見分けやすいポイントはファスナー金具とボタン金具のオス側ですね。ファスナー金具のメッキにムラがある、ボタン金具のオス側の先端が細いキノコ型じゃなくて丸くなってる等。 他にもありますが、これらは財布だけじゃなくてでも同様です。

こんなきめっきめのときもトレジャーカバン持ってるギュwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

AirTag来た 試しに一つ買ってみた まぁちょっとでかい碁石だ メッキのところはプラスティックでした ケースがまだこないので剥き出しでの中にでも入れておくかなんか他に使い道ないかな

返信先:大丈夫、大丈夫なのだ アライさんはメッキのないかばんさんを求めるのだ もしかすると癒えるかもしれない それは分からないけれど、メッキがあれば、中は何の反応もないのだ